「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」12シーズン一挙見放題

2018/03/27

Amazonプライムで「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」(原題:Two and a half Men)の全シーズンが見放題だったので、2カ月マラソンで一挙見しました。

全部で12シーズンあるので、なんと実年数で12年分です。12年の歴史をわずか2カ月で制覇しました!

スポンサーリンク

兄弟と息子が暮らすマリブのビーチハウス

チャーリーシーンのほぼ本人役みたいな主人公チャーリーと、その弟アラン、アランの息子ジェイクの3人が、海を見渡せるマリブのビーチハウスで繰り広げるコメディドラマです。

3人ともキャラクター設定がしっかりしていて、アダルトな表現もちらほらあって日本のドラマじゃ味わえないおもしろさがあります。

そういえば日本はこういうアダルトな内容を絡ませるコメディはあまり見たことがありません。子どものジェイクがいるためか、そこまで下品さは感じずに「おもしろい!」という印象のほうが強く残ります。

日本だと下ネタを扱う芸人とか下品でキモさばかりが強調され、女から見て何もおもしろいとは思いませんが、この辺のバランスというか、さすがエンターテイメントの国アメリカだと感じました(^^)

Amazonプライム会員なら12シーズン全部見れる

今年に入ってAmazonプレイムのビデオで、チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズが全シーズン見放題で追加されてとても嬉しいです。

12シーズンもあるので今から見るべきか迷いましたが、見始めると止まらなくなり、シーズン8ぐらいまではサーっと見れました。

だんだんストーリーもマンネリ化してきて飽きそうな頃に、主役のチャーリー・シーンが降板して、いきなりアシュトン・カッチャーが出てきたのでビックリです。

1話20分ぐらいで、12シーズン全部で262話見れます。計算したらだいたい合計90時間ぐらいですね。なんと12年の軌跡を90時間で追うことができます。

子役のジェイクが12年で大きく成長するのに驚きますよ(^^)

チャーリーが途中で降板した理由

シーズン8を最後に主役のチャーリー・シーンは、ハーパー★ボーイズを降板します。事実上のクビですね。

ストーリー的にはシーズン9の1話目で、チャーリーはストーカーのローズに殺されるという設定です。シーズン12の最終話で実は殺されてなかったという事実が出てきますが。。

原題はTwo and a half Menですが、邦題は「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」なので、なんだか「えー!」ってなります。。(^_^;)

降板の理由を探したところ、チャーリー・シーンと番組クリエーターのチャック・ロリーが喧嘩し、さらにチャーリーがワーナー・ブラザースの重役をも批判したためクビになっちゃったそうです。

なんでもチャーリーがラジオでチャック・ロリーのことを「バカなチビ男」と呼んじゃったとか。。

人気があって仕事も順調だったチャーリーですが、お酒やドラッグなど私生活でのトラブルも多く、ハリウッドの超問題児として有名でした。

さらに最近のニュースではHIVに感染していることを告白し、破産状態にあることもわかっています。

でも日本の震災時に多額の義援金を送ったり、さまざまなチャリティにも積極的に参加をし、心優しい一面を持っていることは間違いありません。

1話当たりの出演料は100万ドル!

Two and a half Menに2003年から2011年まで出演したチャーリー・シーンですが、最後シーズン8の1話当たりの出演料は、なんと100万ドル(日本円で1億円以上)だと言われています。

フレンズやビッグバン★セオリーなど、出演料が100万ドルを超える人気シットコムはアメリカにいくつかありますが、Two and a half Menも成功したうちの1つでしょう。

結局チャーリー不在のシーズン9もその人気は続き、シーズン12(2015年)で終了しました。

チャーリーが続けていたらとも思えますが、最後のほうはマンネリでおもしろくなくなってきたため、いい潮時だったかもしれません。

その後のチャーリー・シーンは、2012年から「Anger Management」という新作ドラマでセラピスト役を演じてますが、周りからはチャーリー自身にセラピストが必要だと失笑されていました。。(^_^;)

この頃、アルコール依存症でリハビリ施設に通っていたチャーリー・シーンにとっては、実際にセラピストと接する機会も多く、私はその経験こそ演技に深みを増したんじゃないかと思ってます。

スポンサーリンク

最終話はなんでもありのドタバタ劇

2015年まで12年間続いた「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」ですが、シーズン12の最終話ではサプライズゲストも登場して、なんでもありの神回が展開されました。

今までの主要メンバーが次々と登場し、アランやジェイクがカメラを意識してニッコリ笑ったり、アーノルド・シュワルツェネッガーが「すべてマンネリだ!」って正直な感想を言ったり。。(^_^;)

身内ネタというかアメリカ人ならもっと理解できた笑いどころもあったようですが、わからなくても十分におもしろい最終話でした(^^)

12年分の思い出があるので、書きたいことはまだまだありますが、Two and a half Men 12シーズン一挙見に疲れたので、とりあえず今回はここまで。

気になった人はAmazonプライムビデオなどで、「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」チェックしてみてください♪