初体験!社会貢献アプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」やってみた

2017/11/22

21日に配信開始された任天堂スマホアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」をダウンロードしてみました。

ちなみに私はこれまでどうぶつの森をやったことがなかったのですが、今は任天堂株を保有しているのでどうにか業績を上げてほしいと思って今回が初チャレンジです!

どうぶつの森は高評価で出だし好調

iOSではすでに13万件以上のレビューがあり、評価も4.7と高評価だったのでやる前からワクワクでした(^^)

任天堂の公式サイトでは直前まで22日配信と予告されていたそうで、21日に前倒しになったのは待ち望んでいたファンも驚いたようです。

私はダウンロードした時間が遅かったので問題ありませんでしたが、さっきまで想定を超えるアクセスでサーバの通信トラブルがあり、ゲームを遊べない状態が続いていると公式Twitterでつぶやかれていました。

このあたりを考慮して祝日前の22日配信から急遽予定を変更したのかなぁとも思います。しかしそれでも任天堂の期待以上のアクセスがあったのは間違いありません。

キャラの個性が際立つどうぶつの森

どうぶつの森が初体験だった私には前作との比較はできませんが、初めて遊んでみた感想がキャラクター1人1人の個性が豊かでおもしろい!

思わず笑ってしまったのが、初心者の私を見たツバクロの言葉で「お前のはりきり具合を見れば初心者だってわかる」って(^^)

こんなに瞳が大きいのは相手をよく見るためだったのですね。まんまと見透かされてました。。

そんなツバクロはストライプなソファがないとキャンプ場に遊びに来てくれないと言うので、さっそく準備して招待しました。今は満足そうに座っています。

でも私のお気に入りはやっぱり最初にキャンプ場へ遊びに来てくれたブーケちゃんです。ツバクロと違ってとてもかわいげがあります。

ブーケちゃんはライブを開催したいらしく、ムシたちを観客に練習していました。ムシは私がアミで捕まえたのをポケットに入れたものです。虫かごを使わないあたりがワイルドですね(^^)

大人目線でどうぶつの森レビュー

ゲームの内容はみんなの役立つことをしてお礼に報酬をもらい、その報酬でキャンプ場を大きくしてさらにみんなに楽しんでもらおうという、社会貢献活動を反映させた素晴らしいゲームです。

これを子どものうちから遊んでいたら「他人の役に立とう」とか「お礼をもらったらみんなのために使おう」とか自然に思える大人に成長できるんじゃないでしょうか(^^)

それは言い過ぎでも、周りの人に役立つことをすれば報酬がもらえるというのはわかると思います。

任天堂はまたいいものを作ってくれました!※任天堂の株が上がるのを期待(^^)

みなさんもぜひ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」で遊んでみてください♪