私がiPhoneでLINEモバイルを契約した手順と注意点

2018/10/18

iPhoneでLINEモバイルを申し込む

私はiPhone 5cでmineo(マイネオ)を使っていましたが、Apple StoreでiPhoneの新機種を購入したのをきっかけにLINEモバイルへ乗り換えました。

そこで私と同じようにiPhoneユーザー、もしくは新規でiPhoneを購入してLINEモバイルに契約したいという方を対象に、その手順と注意点について紹介します。

LINEモバイルで使えるiPhone機種

まず、LINEモバイルで動作確認が完了しているiPhoneの一覧がこちらです。

LINEモバイル動作確認済みiPhone

iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone SE / iPhone 7 / iPhone 7 Plus / iPhone 7s /iPhone 7s Plus / iPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone X / iPhone Xs / iPhone Xs Max / iPhone XR

以上のiPhoneでSIMフリー版、ドコモ版、au版、ソフトバンク版、全ての機種がLINEモバイルを利用できます。

しかしLINEモバイルはドコモ回線とSoftBank回線を利用しているので、auで購入したiPhoneは、先にSIMロックを解除してからでないとLINEモバイルで使えません。auのiPhoneをLINEモバイルで使いたい方は、まず下の方法でSIMロックを解除してください。

auスマホのSIMロック解除方法

新しくiPhoneを購入する方法

私のようにLINEモバイルに乗り換える際、iPhoneも新しいのに機種変しようと思ったら、Apple StoreでiPhoneを購入しましょう。

私は写真や動画がたくさん保存できて、なおかつ安い機種が欲しかったのでiPhone SE(128GB)を選びました。50,800円(税別)で次の日には届きます。一括がムリな場合は、金利0%の24回払いショッピングローンも利用できますよ。

Apple StoreでSIMフリー版のiPhoneを購入すると、SIMロックがかかっていないのでドコモ、au、ソフトバンクだけじゃなく、全ての格安SIMを利用できます。まさに無敵のiPhoneです(^^)

少しでも初期費用を安くするため、中古のiPhoneを購入する方法もあります。ヤフオクなどで中古のiPhoneを探す場合は、「SIMフリー」と表記のあるiPhoneを選んでください。

中古スマホを取り扱っているGEOやハードオフなどで、店員さんに「格安SIMで使えるSIMフリーのiPhoneはありますか?」と聞くのもよいでしょう。

iPhoneのバックアップをとる

いま使っているiPhoneをそのままLINEモバイルで使う場合は、SIMカードを入れ替えるだけで大丈夫ですが、新しくiPhoneを購入した場合は、古いiPhoneのバックアップを行うことで、設定を新しいiPhoneに引き継ぐこともできます。

もし古いiPhoneの設定を新しいiPhoneへ引き継がなくていいという人は、バックアップは必要ありません。この項目は飛ばして次に進んでください。

具体的にどんな設定がバックアップで引き継げるかというと、ダウンロードしたアプリや電話帳、目覚ましアラームの時間、ゲームの進行状況などです。

iPhoneのバックアップ方法は次のとおりです。

iPhoneのバックアップ方法

  1. デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続します。
  2. 「設定」から「ユーザ名」の順に選択し、「iCloud」をタップします。
  3. 「iCloud バックアップ」をタップします。
  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップします。

このほかにもiPhoneとパソコンを接続して、iTunesを使ったバックアップ方法もあります。詳しくはApple公式ページでご確認ください。

バックアップが作成できたら、新しいiPhoneに復元させます。その方法もApple公式ページに説明がありますよ。

iPhoneでLINEモバイルの契約

iPhoneの準備ができたらいよいよLINEモバイルのお申し込みです。

ここからは、ドコモの携帯番号をLINEモバイルに引き継ぐ方法で説明していきます。もしauやソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換える場合は、次の記事を参考に進めてください。

auからLINEモバイルへの乗り換え方法

ソフトバンクからLINEモバイルへの乗り換え方法

docomoからの乗り換えも他社からの乗り換えも、基本の流れは各社共通で次のようになっています。

docomoからの乗り換え手順

  1. docomoでMNP転出手続き(5分)
  2. LINEモバイルでお申し込み(10分)
  3. お申し込み完了!

では、MNP転出手続きの方法から説明していきましょう。

1. docomoでMNP転出手続き

いま使っている携帯番号をそのままLINEモバイルに引き継ぐには、docomoに連絡してMNP転出手続き(電話番号の引き継ぎ)を行い、LINEモバイルに移行したいことを伝えます。

手数料が2,000円かかりますが、電話番号をそのままでLINEモバイルへ乗り換えるにはこの手続きで発行されるMNP予約番号が必要になるので、必ず済ませておきましょう。

もし電話番号が変わっても大丈夫という人は、MNP転出手続きをする必要はありません。このパートは飛ばして、次の「2. LINEモバイルでお申し込み」へ進んでください。

MNP転出手続きで予約番号をもらうには、次の3つの方法があります。

  1. 電話する ※おすすめ!
  2. ネット(My docomo)で行う
  3. ドコモショップで行う

 
なお、MNP予約番号には発行から15日という有効期限があります。LINEモバイルではMNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないと手続きできないため、計画的に申し込みを進めていかなければいけません。

ドコモショップで行うと引き止めがきつく、待ち時間が長かったり身分証明書の提示が必要など面倒も多いので、ここでは簡単な電話とネットを利用した2つの方法を説明します。

MNP予約番号の取得からLINEモバイルの申し込み完了まで、ネットで行えば全部で20分もかからないので、休日など少し時間のとれるときにまとめて済ませてしまいましょう。
 

電話でのMNP予約番号取得方法

電話でMNP予約番号を取得するのには、受付時間9:00~20:00(年中無休)に次の番号へ電話をかけます。

ドコモ携帯から 151(無料)
一般電話から 0120-800-000(無料)

「MNP予約番号」と「有効期限」を間違えないようメモしてください。引き止められそうになったら「急いでますので!」とかわしましょう(^^)

ネットでのMNP予約番号取得方法

パソコンやスマホからMNP予約番号を取得するのには、My docomoにログインし、「ドコモオンライン手続き」のページから申し込みます。

オンライン手続きにはdアカウントが必要ですが、まだ持っていない人も携帯番号と暗証番号のみですぐ取得できるので安心してください。

ネットでMNP予約番号を取得する場合、受付時間は9:00~21:30(年中無休)です。

メモする情報

  • MNP予約番号
  • 有効期限

なお、次に該当する人はネットからは手続きができないため、お近くのドコモショップで申し込みが必要になります。

  • 一括請求/一括送付サービスの代表番号
  • 3回線以上でファミリー割引をご契約の主回線

 
MNP予約番号を取得しただけでは、docomoを解約したことにはなりません。LINEモバイル側でMNP転入手続きが完了した時点で、自動的にdocomoが解約されることになるので覚えておきましょう。

2. LINEモバイルでお申し込み

次はいよいよLINEモバイルへの申し込み方法の説明ですが、その前に次のものを準備しておいてください。

準備するもの

  • 運転免許証などの写メ
  • 本人名義のクレジットカード
  • Yahoo!などのメールアドレス
  • メモしたMNP予約番号と有効期限

本人確認書類として運転免許証やパスポート、健康保険証などの画像データが必要です。住所、氏名、生年月日などが写るようスマホで撮影して準備しておきましょう。

メールアドレスにはドコモのキャリアメール(~@docomo.ne.jp)は解約するので利用できません。Yahoo!やGmailなどの他のメールアドレスを用意してください。

MNP予約番号には有効期限があるので、取得できたらすぐLINEモバイルに申し込んだほうがいいです。ここからは10分もあれば完了しますよ。

まず下のバナーからLINEモバイル公式ページへ進んでください。パソコンからでもスマホからでもOKです。

LINEモバイルのページが開いたら、右上の「申し込む」ボタンをクリックします。

LINEモバイルのお申し込み方法1LINEモバイルのお申し込み方法1

次のページで申し込みに必要な情報や流れなどを確認して、下にある「上記事項に同意の上、申し込む」ボタンをクリックしてください。

LINEモバイルのお申し込み方法2LINEモバイルのお申し込み方法2

次に申し込み方法で「通常申し込み」を選択し、「次へ進む」をクリックします。もし雑誌の付録などでコードをお持ちの方は、このページで入力しておきましょう。

LINEモバイルのお申し込み方法3LINEモバイルのお申し込み方法3

ページを移動したら次は回線を選択します。「SoftBank回線」と「docomo回線」がありますので、docomo回線を選んでください。

その次にプランを選択します。私はほとんど使わないので最安の「LINEフリー」を選択しました。よく使う人でも「コミュニケーションフリー」の5GBぐらいあればいいんじゃないかと思います。

プラン変更はLINEモバイルのマイページから毎月無料で変更できるので、ここはあまり深く考えないでとりあえず選んでおき、あとから生活スタイルに合わせて調整していけばOKです。

LINEモバイルのプラン選択LINEモバイルのプラン選択

プランを選ぶとその下に基本データ容量やサービスタイプを選ぶ窓が出てきます。サービスタイプは通常「音声通話SIM」を選択してください。080や090などの番号で電話はしないという人のみ「データSIM」を選択します。

LINEモバイルサービスタイプLINEモバイルサービスタイプ

その下にある申し込み区分は、「他社からの乗り換え(MNP転入)」を選択してください。MNP転入を選ぶことでLINEモバイルでも今の電話番号をそのまま使うことができます。

LINEモバイル他社からの乗り換えLINEモバイル他社からの乗り換え

MNP予約番号入力の項目では、docomoから教えてもらった「MNP予約番号」と「有効期限」、あと「自分の携帯番号」を入力してください。MNP予約番号の有効期限は10日以上残っている必要がありますので、早めの手続きをおすすめします。

MNP転入に関する項目をすべて入力したら、次は申し込み内容で「端末+SIMカード」か「SIMカードのみ」を選択してください。自分の持っているスマホをそのまま使いたい場合は「SIMカードのみ」でOKです。

LINEモバイルのSIMカードのみLINEモバイルのSIMカードのみ

次にSIMカードの種類を選びます。iPhoneの場合は「ナノSIM(小)」のSIMカードを選べばいいですが、Androidの場合はスマホ機種によってSIMカードの大きさが違うので、この欄にある「動作確認済み端末検索」から自分のスマホに合ったSIMカードを選んでください。

LINEモバイルSIMカードの種類LINEモバイルSIMカードの種類

その下にはオプションサービスがありますので、自分が必要とするものだけ追加しましょう。ちなみに私は1つも利用していません。問題なければページ下の「次へ進む」をクリックしてください。

あまり時間をかけるとタイムアウトで最初からやり直しになってしまいます。プランやオプションは申し込み後でも変更できるので、なるべく手際よく進めていきましょう。

ここまで来ればあとは契約者情報の入力、本人確認書類のアップロード、支払方法の選択です。契約者情報と本人確認書類の内容やクレジットカードの名義が一致しないと、書類の不備で契約できません。

必ず氏名や住所など、すべての情報が一致するよう入力して申し込みを完了させてください。お疲れ様でした(^^)

下のLINEモバイル公式バナーからお申し込みできますよ♪

3. お申し込み完了!

LINEモバイルへ申し込みが完了したら、あとはSIMが届くのを待つだけです。順調にいけば2~3日で封筒が届きます。私は2日で届きました。

もし申し込み内容に不備があれば、入力した電話番号かメールアドレスまでLINEモバイルから連絡がきます。念のため申し込み日と、次の日には着信やメールボックスの確認をしてください。

SIMが届いたらいよいよLINEモバイルの初期設定を行います。ここからは「LINEモバイルの初期設定方法」の記事を参考にしてください。