mineo(マイネオ)のテザリング機能活用法と注意点

2018/08/06

格安SIMのmineo(マイネオ)は、タブレットやノートパソコンを外出先でもネットに繋げるスマホのテザリング機能が無料で使えます。

しかし契約プランやスマホ機種によってはテザリング機能を使えない場合があるので、mineoに契約する前にこちらのページで確認しておくことをおすすめします。

今回はmineoのテザリング対応端末や、テザリング未対応の場合の対処法について解説しましょう。

mineo(マイネオ)

mineoのテザリング機能について

テザリング機能が有料で、基本料とは別にオプション料金がかかる格安SIM会社もありますが、mineo(マイネオ)は無料でテザリングを利用できます。

テザリング機能が無料で使えるのに月額料金は他社と比べても格安なので、テザリングを利用する予定がある人はmineoがとってもおすすめです。通信エリアや速度に関しても、大手キャリアと遜色ないレベルですので安心してください。

しかし、全ての機種でテザリングできるわけではないので注意が必要です。mineoにはdocomo回線を使うDプランとau回線を使うAプランがありますが、たとえばiPhoneの場合Dプラン(docomo回線)ではテザリングできてもAプラン(au回線)ではテザリングができません。

そこで契約プラン別にmineoのテザリング対応端末にどんな違いがあるのか、次に確認していきます。

mineoのプラン別テザリング対応端末

mineoのDプラン(docomo回線)はAプラン(au回線)より月額基本料金が90円高いのですが、その分テザリングできるスマホ機種(iPhoneなど)が多いのでテザリング機能を使う予定がある人はDプランを選択してください。

それではまずiPhoneから対応端末について見ていきましょう。

Dプラン iPhoneのテザリング

mineoではDプラン対応端末全てのiPhone・iPadがテザリング可能です。

ただし、auとSoftBankで購入したiPhone・iPadについてはDプランを利用する場合SIMロックを解除する必要がありますので、SIMロック解除できるiPhone 6sやiPhone SE以降のiPhoneが対応機種になります。

つまりauとSoftBankで購入したiPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plusは、mineoのDプランで動作しないためテザリングもできないということです。

mineo Dプランのテザリング対応iPhone

docomoブランド・SIMフリーのiPhone iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X
au・SoftBankブランドのiPhone iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X

Aプラン iPhoneのテザリング

mineoのAプランは、iPhone・iPadでテザリング機能が使えないことが1つのデメリットになります。(2018年10月末にテザリングが解禁される予定です。)

これはdocomoやSoftBankで購入したものに限らず、mineoのAプランで契約した全てのiPhone・iPadがテザリングできないということです。

そのためiPhoneでテザリングをしたい場合は、mineoのAプランではなくDプランに契約しなければいけません。

mineoのDプランを利用するためには、Apple Storeで購入したSIMフリー版のiPhoneか、docomoで購入したiPhone、もしくはauとSoftBankで購入したSIMロック解除ができるiPhone 6s以降のiPhoneが必要です。

D・Aプラン Androidのテザリング

Android端末はiPhoneと違い、Dプラン・Aプランとも多くの機種がテザリング機能に対応しています。

しかし、Dプランの場合はAプランよりそもそも対応機種が多いこともあり、なかには一部テザリングができない機種もあるので注意してください。

mineoのDプランでテザリングできないのは、docomoブランドの次の機種の一部です。

FUJITSUのarrows、HUAWEIのAscend、NECのMEDIAS、PanasonicのELUGA、SAMSUNGのGalaxy、SHARPのAQUOS、SonyのXperia

上記の機種が全てテザリングできないというわけではありません。このなかの一部がテザリング未対応機種となっています。

くわしくはmineoの公式ページ「対応端末一覧」で確認してください。

対応端末以外でのテザリング方法

次に対応端末以外のテザリング方法について紹介しましょう。

もしauブランドのiPhone 5sを持っていてmineo(マイネオ)のAプランを契約していた場合、上記でも説明したとおりテザリング機能は使えないことになります。

テザリングができるmineoのDプランに変更しようとしても、iPhone 5sはSIMロック解除できないのでDプランにも移れず、SIMフリー版のiPhoneを新規で買うには数万円もするため結局諦めるしかありません。

そこでおすすめしたいのが、モバイルルーターを使ってテザリングを行う方法です。mineoのAプランだと同じau回線を利用するUQ WiMAXのモバイルルーター(中古)が、なんとヤフオクで3000円程度で購入できます。

モバイルルーター

その他、古い端末だとSIMフリー版のモバイルルーターも1円から出品しているので、興味のある人はぜひ探してみてください。

これらモバイルルーターにmineo(Aプラン)のSIMを指すことで、外出先でもWi-Fi環境をつくることができますよ。

テザリングの注意点

mineo(マイネオ)のテザリング機能は無料で利用できて便利ですが、使用する際に気を付けるべきポイントが3つあります。

ここで紹介する注意点を守って快適なネットライフを楽しみましょう。

1、データ容量に気を付ける

外出先でノートパソコンやタブレットなどをテザリングする場合、YouTubeなどの動画を見たり容量の大きなファイルをダウンロードするとデータ通信量を大きく消費します。

うっかりすると契約した容量を1日で使い切ってしまって速度制限にかかる恐れも。そうならないためにも、mineoの公式アプリ「mineoスイッチ」を活用しましょう。

minoeスイッチはネットの通信速度を高速モードと低速モードに切り替えられるアプリで、高速通信が必要ないWEBサイトの閲覧やメールのやりとりなどは低速通信を利用し、契約したデータ容量を節約することができます。

また、万が一データ容量を使い切ってしまった場合は、マイネ王のフリータンクで月に1GBまで無料でパケットを分けてもらえます。これはmineoユーザーの特権ですので、困ったときは是非利用してみましょう。

2、バッテリー残量に気を付ける

外出時のネット利用ということで、スマホのバッテリー残量にも気を付けなければいけません。テザリングをしている間は常にWi-Fi接続して電波を飛ばしているため、バッテリーをたくさん消費します。

電源が確保できる場合は充電しながらテザリングを行い、電源のない場所では予備のモバイルバッテリーを準備する必要なども出てきます。

モバイルバッテリーはコンビニで簡単に手に入れることができますので、長時間テザリングを行う予定の場合は忘れずに準備しておきましょう。

3、セキュリティに気を付ける

スマホのテザリングを利用するときにPCなどとUSB接続できれば安全ですが、Wi-Fi接続の場合は近くにいれば誰でも接続できる可能性があるためセキュリティに対して注意が必要です。

Wi-Fi接続でテザリングする場合、悪意のあるユーザーが同じWi-Fiに接続していればIDやパスワードなどの重要な個人情報を抜かれる危険があります。

必ず自分以外がWi-Fiに接続できないようテザリング利用時にはパスワードを活用し、誰でもWi-Fiを利用できるような環境は避けるようセキュリティ対策に努めましょう。

mineo(マイネオ)

mineoのテザリング方法まとめ

mineoのテザリング機能について説明しました。とくにiPhoneでテザリングを利用する予定のある人は、Dプラン(docomo回線)を契約する必要があると覚えておいてください。

テザリング機能は全ての機種で利用できるとは限りません。mineo公式ページでテザリングできるかどうか対応端末一覧があるので、契約前に必ず確かめておく必要があります。

また、テザリング利用時には「データ容量」「バッテリー残量」「セキュリティ」の3つに気を付けましょうね♪