【ネタバレ】ジオストーム見てきました!あらすじと辛口レビュー

2018/01/24

先週末に公開された映画「ジオストーム」を見てきました。

見る映画を選ぶ基準として、好きな俳優やテーマがあります。ジオストームには特に私の好きな出演者は出ていませんが、宇宙を題材にした映画は大好きです。

本当はインターステラーやスターウォーズぐらいの宇宙ものが希望で、ジオストームのジャンル的には一応ディザスタームービーらしく、ちょっと宇宙色は弱かったです。

でも予想外に楽しめました(^^)

スポンサーリンク

ジオストームのあらすじ

あまり詳しく覚えてないので、間違っていたらすみません(^_^;)

地球の温暖化から各地で異常気象が起こっているのは、すでに日本でも実感できることです。映画ジオストームでは、この異常気象や大災害などの対策を後回しにしてきたツケを払うところから始まりました。

そこで世界中の国々が協力して、地球上の気象をコントロールする宇宙ステーションや人工衛星を建設します。計画はうまくいきましたが、運営から3年経ったとき突如衛星が暴走を始めました。

アフガニスタンの街や人が氷漬けになったり、香港で地下の配管が爆発して街が火の海と化したり。すぐさま衛星の生みの親である主人公のジェイクが、衛星の暴走を止めに宇宙へと向かいます。

いろいろ調べていくと、これは政府の上層部が起こした陰謀だというストーリーです。

ジオストームの辛口レビュー

最近のハリウッド映画は、アリババなど中国企業の進出が目立っていて、多額の出資を行う中国の存在感は年々増しています。

同じ宇宙ものでサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーが共演する映画「ゼロ・グラビティ」は見ましたか?ロシアが破壊した人工衛星の破片が、船外活動中の2人にぶつかって宇宙を漂うというサバイバルムービーです。

なんとも迷惑なロシアの人工衛星と思われそうですが、実際には2007年に行われた中国の人工衛星破壊実験がモデルになっていて、その破片がロシアの小型衛星にぶつかる事故が起きています。※ロシアは被害者です。

さらにビックリするのが、この2人を救ったのは中国の宇宙ステーション「天宮」というストーリーになっているところです。どんだけ中国サマサマなの!?って驚いてしまいますが、これも全部マネーパワーだから仕方ありません。

中国人はすごい!ヒーローだ!(棒読み)

ジオストームでも中国は英雄的存在として描かれています。気象をコントロールする人工衛星の暴走には、政府の重任が関わっていたという証拠を香港の男性が突き止めるんです。

結局殺されますが、殺されたことが政府の仕業だという証拠になるので、中国人は名誉の戦死を遂げたことになります。

ちなみにジオストームでは日本も出てきますが、大量のヒョウが降ってきて街中パニックになるだけで、中国人のような英雄もいなければ役名がついた俳優は1人もいません。。

ジオストームもフィクションですが、映画の内容がマネーパワーで変更されていると思うと、リアリティに欠けたり楽しさも半減しちゃいます。

トランプ大統領への皮肉にもとれるシーン

少し笑えたのが、最後に主人公たちを助けたエンジニアがメキシコ人で、「メキシコに感謝してくれ」と伝えてるシーンでした。

特に必要ないと思いましたが、メキシコの国旗をやけにアピールするあたりがトランプ大統領への批判ともとれ、映画のエンディングを和ませてくれます。

スポンサーリンク

中国ヨイショなジオストーム

日本はバランスが崩壊した超高齢社会なので、国内消費は年々下がっていくと予想できます。そのため、日本人が国内でより豊かな生活を得るためには、外貨の獲得が必要不可欠です。

日本映画は独自路線すぎて世界でウケないため、手っ取り早いのがハリウッド映画で日本をもっとアピールしてもらい、世界中の人々に日本を好きになってもらう作戦です(^^)

これを実践しているのが中国で、中国人は本当に頭がいいです。あれだけ人口が多ければ、天才も日本人よりたくさんいることでしょう。日本人ほどチャンスがないかもしれませんが。。

世界から薄れていく日本の存在感

中国バンザイ感が否めない最近のハリウッド映画ですが、調べてみるとこのような映画は結構たくさんあります。

ハリウッドスターも舞台挨拶にまず中国へ行き、時間があれば日本も行ってみようかな~レベルっぽいです。。時代は変わりましたね(^_^;)

いつまでも日本すげぇ!なんて浮かれてたら、そのうち韓国にまで抜かれちゃいます。。

というか次のMARVEL作品である「ブラックパンサー」には予告で韓国の街並みが見えたので、すでに韓国も日本より先手を打って行動しているのかもしれません。

最近のハリウッド映画を見ていると中国の存在感が強すぎて、日本素通り感がハンパないので少し淋しいですね。。そんなことを考えさせられる映画でした。深読みしすぎですが(^_^;)

ジオストームも宇宙好きな人や、中国を応援したい人には楽しめる映画です♪