年間8万円も!携帯代を節約するため3回MNPで乗り換えました

2017/11/03

格安SIMが広まってから私も携帯代を節約しようと思い、今まで携帯会社を3回乗り換えました。

乗り換えるごとに毎月の支払い額が下がっているので、携帯代が高くて悩んでいる人はぜひ乗り換えてみてはいかがでしょうか。

今までの乗り換え経歴と毎月の携帯代

最初はソフトバンクを使っていましたが、今はLINEモバイルを使っています。

これまで利用したキャリアとスマホ機種、だいたいの携帯代請求額についてまとめました。

キャリア(機種) 携帯代
SoftBank(iPhone 4) 8,000円
au(iPhone 5c) 4,000円
mineo(iPhone 5c) 1,600円
LINE(iPhone SE) 1,400円

すべてMNP(携帯電話番号ポータビリティー)で乗り換えているので、電話番号は昔から同じままです。

スマホの機種代については、LINEモバイルに変えた時点でSIMフリーのiPhone SEを購入したため5万円払っています。それ以外は0円なので払ってません。

SoftBankからauへ乗り換え

ソフトバンクのiPhone 4が古くなってきて、auにするとiPhone 5cが一括0円で乗り換えられるというキャンペーンがあったためMNPしました。

無料でiPhone 5cがもらえただけでなく、携帯代が半額の4,000円になったのが嬉しかったです(^^)

auからmineoへ乗り換え

格安SIMの話を聞いてからさらに携帯代が安くなることを知り、auのiPhone 5cでも使える格安SIMを調べました。

今はマイネオ、UQモバイル、IIJなどが利用できますが、当時はマイネオしかなかったのでマイネオへMNPしたところ、毎月の携帯代で2,000円切るのが当たり前になってビックリです(^^)

新規契約キャンペーンで初期費用も安く済んだので、思い切って格安SIMに乗り換えて正解でした。

mineoからLINEモバイルへ乗り換え

mineoは携帯代が安いし毎月パケットがもらえるフリータンクもあって使いやすかったんですが、LINEの年齢認証ができないためそれだけが不満でした。

そこで格安SIMのなかで唯一LINEの年齢認証ができるLINEモバイルに乗り換えています。

ただ、docomoの回線を利用するLINEモバイルはauのiPhone 5cが使えないため、新しくSIMフリーのiPhone SEをAppleストアで購入しました。

SIMフリーのiPhone SEを手に入れたことで、今後は日本だけじゃなく世界中どのキャリアにも乗り換えれるようになり、海外旅行先でも現地のプリペイドSIMが使えます。

さらに毎月の携帯代が100円ちょっと安くなり、通信速度もmineoより少し早くなった気がします。

違約金を払っても乗り換えたほうが安い!

私が友達に格安SIMを勧めても、なかなか乗り換えようとする人はいません。

その多くが「今までずっと使ってきたから~」とか「まだ2年縛りで乗り換えれないから~」という理由です。

2年縛りで違約金がいくらになるのか各個人でバラバラですが、計算してみるとそれでも乗り換えたほうが安いのがわかります。

私がそのままSoftBankを使っていたら、年間96,000円ぐらい支払っていました。今はLINEモバイルで17,000円ぐらいです。

違約金が2万円だったとしても、SoftBankとLINEモバイルでは毎月6,600円の差があるので約3カ月で違約金分を節約できてしまいます。

ここまで説明してなお乗り換え人がいると、何かしらスピリチュアルな原因を考えてしまいそうです。。

docomoやauなどの大手キャリアはスマホを通じて特殊な電波を発し、他に乗り換えさせないよう洗脳しているんじゃないかと(^^)

まだじっくり考えたい人もいると思うので、これからも携帯代を大幅に節約できる格安SIMの魅力を伝えていこうと思います。

興味のある方は、ぜひ読者登録をお願いします♪