儲け主義のディズニーに汚されたスターウォーズの成れの果て

2017/12/23

「昔はよかった。」とか「~はこうあるべき!」など保守派と呼ばれる人に対して、私は常に嫌なイメージを抱いていました。

それは私の仕事がらなのかもしれません。IT業界はドッグイヤーとも言われていて、他の業種が7年かけて変化する出来事を、IT業界は1年で変化していきます。

他業種と同じスピードで対応していてはIT業界じゃ生き残れないため、古い考えはすぐに捨て去り、新しい物事に柔軟に対応していかなきゃいけない世界なんです。

で、まさか自分が保守派になるとは思ってもみませんでした(^_^;)

スポンサーリンク

世の中、金だ!ディズニーの儲け主義

10日ほど前に、自称日本一のSTARWARSマニアである私は、「レイの父親はルークだと断言する理由」という記事を書きました。

内容はというと「スターウォーズ フォースの覚醒」で主人公レイの正体がファンの間で議論になっていたので、私なりの見解を過去の作品から導き出したものです。

自分で言うのもなんですが、なかなかの洞察力で「これは正解に違いない!」と自信満々でした(^^)

しかし、私は重大なミスを犯したことが判明しました。STARWARSの生みの親であるジョージ・ルーカスは、もう制作に関わっていなかったのです。ジョージ・ルーカスはスターウォーズを制作するルーカスフィルムを2012年にディズニーへ売却していました。

当初、ジョージ・ルーカスはSTARWARSの続編はもう作らないと決めていましたが、ディズニーへ権利が移ったことでこの考えは白紙に戻ります。

ディズニーはお金が搾り取れるまで、永遠とSTARWARSを作り続ける魂胆です!

レイの父親はルークではなかった

「スターウォーズ 最後のジェダイ」が公開され、ついに私も見てきました。率直な感想は、すごい良かったです!

書きたいことは山々ですが、問題はレイの親が誰か?という答えです。それは名も無き貧しい一般人で、レイを酒代の代わりに売っただけの男女でした。

これに関しては、正直がっかりです。。私の予想がはずれたこともそうですが、あまりに雑なシナリオに主人公レイがかわいそすぎる。。

レイはずっと1人で家族が戻ってくるのを信じていたのに、とくに重要でも何でもない、すでに死んでいるキャラクターたちが両親だったなんて。

ディズニーさん、夢がなさすぎなんじゃないですか!?

伝説のジェダイはアナキンただ1人

前回のSTARWARS記事でも書きましたが、私がレイの父親がルークだと考えた理由の1つがスカイウォーカーの家系からです。

スターウォーズの世界では、アナキン・スカイウォーカーが選ばれた伝説のジェダイという認識がありました。

ここからはマニアしか知らない難しい話ですが、アナキンには父親がいません。それはパルパティーンのマスターにあたるシスの暗黒卿 ダース・プレイガスがフォースの源であるミディ=クロリアンを操作して生み出したからです。

スターウォーズ エピソード3のなかで、パルパティーンはアナキンに「シスには死者をも蘇らす力がある」と話しています。これはダース・プレイガスによるミディ=クロリアン操作のことで、パルパティーンはアナキンがこの技術によって生まれた特別な存在であることを知っていたので近づきました。

ダース・プレイガスは結局この技術を誰にも伝えず、弟子であるパルパティーンに殺されてしまったため、ヨーダを超える伝説のジェダイはアナキン・スカイウォーカーただ1人というわけです。

しかし、ディズニーのせいでこの伝説は崩れてしまいました。。今後、伝説を超えるジェダイは無名の一般人からゴロゴロと出てくるでしょう。

ドラゴンボールが面白かったのは孫悟空が伝説の超サイヤ人になれた辺りまでで、超サイヤ人がどんどん増えて伝説でも何でもなくなってからは、もうなるようになれとしか思えなくなります。。

スポンサーリンク

芸術に関しては保守派でいいと思う

冒頭で保守派は嫌いだと言いましたが、芸術の面では守るべきものもあると思います。

たとえばクラシック音楽を奏でるオーケストラのなかにDJとか、人物は油絵で描いて背景はCGとかあり得ますか?

DJとかCGはいろんな表現ができて万能ですが、踏み込んじゃいけない領域があるんじゃないでしょうか。

私にとってスターウォーズは素晴らしい芸術作品だったので、金にものを言わせたディズニーが土足で踏み込んで伝説を伝説じゃなきものに作り変えたことをとても残念に思います。。

そう感じたとき、自分も保守派だと思いました(^^)

保守派とは、何かが好きすぎて愛しているからこそなれるもので、今まで私が持っていた悪いイメージから考え直させられました。

これも儲け主義に走ったディズニーのおかげです。次回作もまた見ます!!